海外FX 優良業者XMトレーディング(XMtrading)を紹介!安心して利用できる定番海外FX会社比較ランキング。海外FX口座開設情報。

海外FX優良業者 【XMトレーディング】 FX比較ランキング

access counter



おすすめの海外FX業者はレバレッジ最大888倍のXMトレーディング

海外FX業者の定番、海外FXの代名詞。

総合力評価断トツトップで海外FXデビューには最適。

日本人が一番利用している業者で断トツ人気の優良FXブローカー。レバレッジ設定最大888倍まで可能。人気の理由は高レバレッジに加え、入出金のスムーズさに定評がある事。強い約定力。多彩なボーナス

スプレッドの狭い外枠手数料制のECN口座(ZERO口座)有。金融庁ライセンス有。口座開設するだけで3000円ボーナスあり。各メディアでベストブローカーとして多数の賞を獲得している信頼できる優良業者です。百数十の国で営業展開。ボーナスが豊富で魅力、口座開設ボーナスの他に、入金ボーナス・トレード毎に貰えるXMPボーナス。今回新しく追加されたビットウォレットによる入金ボーナス。

リクオートなし、約定拒否なし日本人サポート充実で日本の業者よりしっかりしてます。言語については全く問題なし。英語不要。(ライブチャット窓口有)。ゼロカットシステム採用により追証が発生せず不測の事態においても借金を背負う事はありません。(ロスカットレベル20%)

最低入金額:クレジットカード、デビットカード(VISA・JCB),ビットウォレットによる入金は500円から。

XM口座の入金・出金はビットウォレットのご利用が1番お得で1番スピーディー、入出金の悩みはビットウォレットを使えば解決します。XM口座開設と同時にビットウォレット口座も開設される事をお薦めします。XMもこのビットウォレット口座の使用を推進しており、通常の入金ボーナスに加え、プラスアルファーでビットウォレットによる入金に対して2000ドル相当まで10%ボーナスが付くサービスを開始しております。2位以下のTitanFX,AXIORY,Gemforexもビットウォレットによる入金・出金に対応しており、これらの業者間で資金移動する場合は即時移動出来るので何社か口座を持っている人にとってとても便利です。

口座の種類:スタンダード口座、マイクロ口座、ZERO口座(ECN口座)の3種類。スタンダード口座・ゼロ口座は1ロット10万通貨ですが、0.01ロットからトレード可能ですので小額からの取引も可能。更にマイクロ口座だと1ロット1000通貨、0.01ロットからトレード可能なので更なる小額トレードが可能で初心者におすすめ。

ZERO口座は口座開設ボーナス以外のすべてのボーナスが対象外なのでスタートはスタンダード・マイクロで始めるのが得策です。

トレードプラットフォーム:MT4,MT5(EAによる自動売買システムトレード可、VPSサーバーも完備、口座残高5000ドル相当以上・月トレード単位5ロット以上をクリアと言う条件付きですが無料で使用する事も可能。)

XMトレード参考ブログ:XMトレードブログ 海外FX XM口座開設したからには億トレーダー

海外FX

海外FX比較 XM|MT4は全世界で非常に多くの人に支持されているFX自動売買ツールであるという理由もあって…。

投稿日:


海外FX比較ランキング
https://www.iiacf.org/

デイトレードと申しますのは、丸一日ポジションを保つというトレードだと思われるかもしれませんが、実際のところはNYのマーケットがクローズする前に決済をするというトレードを言います。
為替の動きを類推する時に実施するのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より大切だと言われているのは「チャートを見て、その先の為替変動を予測する」テクニカル分析だと言えるでしょう。
FXをやっていく上で、海外で流通している通貨を日本円で買うと、金利差に応じたスワップポイントが与えられることになりますが、金利が高く設定されている通貨で低い通貨を買いますと、逆にスワップポイントを支払う必要が出てくるわけです。
レバレッジというのは、送金した証拠金を元手として、最高でその額の25倍のトレードが許されるというシステムを言います。例を挙げますと、50万円の証拠金で20倍のレバレッジを掛けることにしたら、1000万円相当のトレードが可能だというわけです。
FXについては、「外貨を売る」という状態から取引に入ることも普通にありますが、このように外貨を有することなく「外貨を売っただけの状態」のことも、「ポジションを持っている」というふうに言います。

MT4は全世界で非常に多くの人に支持されているFX自動売買ツールであるという理由もあって、自動売買プログラムの種類が豊富なのも特徴の1つです。
「デモトレードに勤しんでも、現実に損をすることがないので、心的な経験を積むことができない!」、「本物のお金を費やしてこそ、初めて経験を積むことができると言えるのだ!」と言う方も稀ではないのです。
MT4をおすすめする理由のひとつが、チャート画面上から簡単に発注できるということなのです。チャートを見ている時に、そのチャート上で右クリックしますと、注文画面が立ち上がる仕様になっています。
FXにおける個人に対するレバレッジ倍率は、何年か前までは最高が50倍でしたから、「今現在の最高25倍は低く見えてしまう」と言われる人がいるのも無理はありませんが、25倍だと言いましても満足な利益を得ることができます。
デモトレードと称されているのは、仮のお金でトレードに挑むことを言うのです。30万円など、自分自身で決めた架空資金が入金されたデモ口座を持つことができ、実際のトレードと同一環境で練習をすることが可能です。

スプレッドと言いますのは外貨を「売り買い」する時の価格差のことで、FX会社の利潤となる売買手数料とも考えられるものですが、各社の方針に従って独自にスプレッド幅を設定しています。
システムトレードに関しましても、新たに「買い」を入れるという状況の時に、証拠金余力が最低証拠金額を下回っていると、新規に発注することは認められないことになっています。
1日の内で、為替が大きく変動する機会を見定めて取引するというのがデイトレードです。スワップ収入を目的とするのではなく、1日毎に何度か取引を行い、ステップバイステップで利益を手にするというトレード法だと言えます。
5000米ドルを購入して保持している状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」というふうに言います。当たり前ですがドル高に進展したら、売却して利益を確定させた方が良いでしょう。
テクニカル分析におきましては、一般的にローソク足で表示したチャートを使用します。パッと見複雑そうですが、しっかりとわかるようになりますと、手放せなくなるはずです。

海外FX会社おススメはXM


ft

-海外FX

Copyright© 海外FX優良業者 【XMトレーディング】 FX比較ランキング , 2019 All Rights Reserved.