海外FX 優良業者XMトレーディング(XMtrading)を紹介!安心して利用できる定番海外FX会社比較ランキング。海外FX口座開設情報。

海外FX優良業者 【XMトレーディング】 FX比較ランキング

access counter



おすすめの海外FX業者はレバレッジ最大888倍のXMトレーディング

海外FX業者の定番、海外FXの代名詞。

総合力評価断トツトップで海外FXデビューには最適。

日本人が一番利用している業者で断トツ人気の優良FXブローカー。レバレッジ設定最大888倍まで可能。人気の理由は高レバレッジに加え、入出金のスムーズさに定評がある事。強い約定力。多彩なボーナス

スプレッドの狭い外枠手数料制のECN口座(ZERO口座)有。金融庁ライセンス有。口座開設するだけで3000円ボーナスあり。各メディアでベストブローカーとして多数の賞を獲得している信頼できる優良業者です。百数十の国で営業展開。ボーナスが豊富で魅力、口座開設ボーナスの他に、入金ボーナス・トレード毎に貰えるXMPボーナス。今回新しく追加されたビットウォレットによる入金ボーナス。

リクオートなし、約定拒否なし日本人サポート充実で日本の業者よりしっかりしてます。言語については全く問題なし。英語不要。(ライブチャット窓口有)。ゼロカットシステム採用により追証が発生せず不測の事態においても借金を背負う事はありません。(ロスカットレベル20%)

最低入金額:クレジットカード、デビットカード(VISA・JCB),ビットウォレットによる入金は500円から。

XM口座の入金・出金はビットウォレットのご利用が1番お得で1番スピーディー、入出金の悩みはビットウォレットを使えば解決します。XM口座開設と同時にビットウォレット口座も開設される事をお薦めします。XMもこのビットウォレット口座の使用を推進しており、通常の入金ボーナスに加え、プラスアルファーでビットウォレットによる入金に対して2000ドル相当まで10%ボーナスが付くサービスを開始しております。2位以下のTitanFX,AXIORY,Gemforexもビットウォレットによる入金・出金に対応しており、これらの業者間で資金移動する場合は即時移動出来るので何社か口座を持っている人にとってとても便利です。

口座の種類:スタンダード口座、マイクロ口座、ZERO口座(ECN口座)の3種類。スタンダード口座・ゼロ口座は1ロット10万通貨ですが、0.01ロットからトレード可能ですので小額からの取引も可能。更にマイクロ口座だと1ロット1000通貨、0.01ロットからトレード可能なので更なる小額トレードが可能で初心者におすすめ。

ZERO口座は口座開設ボーナス以外のすべてのボーナスが対象外なのでスタートはスタンダード・マイクロで始めるのが得策です。

トレードプラットフォーム:MT4,MT5(EAによる自動売買システムトレード可、VPSサーバーも完備、口座残高5000ドル相当以上・月トレード単位5ロット以上をクリアと言う条件付きですが無料で使用する事も可能。)

XMトレード参考ブログ:XMトレードブログ 海外FX XM口座開設したからには億トレーダー

海外FX

【XM口座開設】|仮に1円の値幅だとしても…。

投稿日:


FX比較ランキング
https://www.iiacf.org/

海外FXをやろうと思っているなら、取り敢えず実施していただきたいのが、海外FX会社を比較してご自身にフィットする海外FX会社を選抜することだと言っていいでしょう。比較する上でのチェック項目が複数個ございますので、一つ一つご説明します。
「各海外FX会社が提供するサービスを見極める時間があまりない」という方も大勢いることと思います。そういった方に利用して頂くために、それぞれが提供しているサービス内容で海外FX会社を比較し、ランキング形式で並べました。
FX会社が得る利益はスプレッドが生み出していると言えるのですが、例を挙げれば英国ポンドと日本円の「売り買い」の場合、FX会社は顧客に対して、その海外通貨の買いと売りの為替レートを適用し、その差額を収益とするわけです。
利益を確保するには、為替レートが新規に注文した際のものよりも有利な方に振れるまで何もすることができません。この状態を「ポジションを保有する」と表現するのです。
スワップポイントに関しましては、「金利の差額」だと考えていただいて構いませんが、現に手にすることができるスワップポイントは、海外FX会社に支払う手数料が差し引かれた額ということになります。

MT4というのは、昔のファミコンなどの機器と一緒で、本体にソフトを挿入することで、ようやく海外FX取引をスタートすることができるようになります。
こちらのHPでは、スプレッドであるとか手数料などを考慮した合計コストで海外FX会社を比較一覧にしております。当たり前ですが、コストといわれるのは利益をダウンさせますので、十分に精査することが大切だと言えます。
日本にも多くの海外FX会社があり、各々が独自のサービスを行なっています。そういったサービスで海外FX会社を比較して、一人一人に合う海外FX会社を絞り込むことが一番肝になると言っていいでしょう。
XMデイトレードとは、XMスキャルピングの売買間隔をもっと長めにしたもので、実際には数時間から1日以内に決済を終えてしまうトレードを意味します。
仮に1円の値幅だとしても、レバレッジ1倍の時は1万円の損益ということになりますが、10倍なら10万円の損益になるわけです。簡単に言うと「レバレッジが高くなるにつれ被害を受ける確率も高くなってしまう」というわけなのです。

XMスキャルピングと言いますのは、1取り引きあたり数銭から数十銭くらいというごく僅かな利幅を追っ掛け、一日に何度も取引を行なって薄利をストックし続ける、非常に特徴的な売買手法なのです。
海外FXXM口座開設の申し込み手続きを済ませ、審査でOKが出れば「ログイン用のIDとPW」が簡易書留等を使って届けられるというのが通例だと言えますが、ごく少数の海外FX会社はTELにて「必要事項確認」をしているそうです。
XMtradingシストレについては、そのプログラムとそれをきっちりと再現してくれるパソコンが高すぎたので、かつては一握りの裕福な投資家のみが取り組んでいました。
スワップポイントというのは、ポジションを維持し続けた日数分受け取ることが可能です。毎日ある時間にポジションを保持したままだと、その時間にスワップポイントが貰えるようになっています。
方向性がはっきりしやすい時間帯を選定して、その波に乗るというのがトレードにおける最も大切な考え方です。XMデイトレードは勿論、「熱くならない」「相場がどっちに転ぶかわからない時は引く」というのは、どういったトレード手法を選択しようとも物凄く重要になるはずです。

海外FX業者ランキング


ft

-海外FX

Copyright© 海外FX優良業者 【XMトレーディング】 FX比較ランキング , 2019 All Rights Reserved.